読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

処方箋、23年に電子化…マイナンバーカードだけで調剤可能に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は、医師が処方した薬の内容を記した処方箋の電子化を2023年1月から始める方針を決めた。政府が進めるデジタル化の一環で、患者が薬局に処方箋を持参する手間を省き、高齢患者らの過剰な服薬を防ぎやすくする。電子データの管理は国が設置する専用サーバーで行い、今年11月からシステムの構築に着手する。

 処方箋は、医師が患者を治療するために必要な薬の種類や量、使用方法を書いた書類。現行では、医療機関で発行されたものを患者が薬局に提出し、薬剤師が調剤している。

 電子化された新システムでは、医師が診療中に処方情報を入力し、薬局の薬剤師がそれを引き出す。サーバー内で健康保険証の情報と連結されるため、患者は、保険証か保険証の情報が分かるマイナンバーカードを見せるだけで調剤を受けられる。処方箋を紛失するリスクも減る。

 

残り:522文字/全文:884文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2384029 0 医療・健康 2021/09/21 15:00:00 2021/09/21 16:25:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210921-OYT1I50087-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)