読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

早期がんの診断3割減、感染拡大で受診控え…大腸「ステージ3」は7割増

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染が拡大した昨年3月以降、早期の胃がんや大腸がんの診断数が減少したとする調査結果を、横浜市立大の研究チームがまとめた。大腸がんでは進行してから診断された例が増えた。新型コロナの影響で、医療機関の受診を控えた人が多かったためと分析している。

 同大病院と国立病院機構横浜医療センターで、2017~20年に胃や大腸、 膵臓すいぞう などのがんと診断された5167人を分析した。20年3月以降を新型コロナの流行期とし、流行前と、がんと診断された人の数を、1か月平均で比較した。

 その結果、流行期には、早期がんの段階である「ステージ1」の診断数が、胃がん35・5%減、大腸がん34・0%減と、減少が目立った。特に大腸がんでは、診断された時には進行した「ステージ3」だった人が68・4%増えた。

 研究成果をまとめた横浜市立大の 日暮ひぐらし 琢磨講師(肝胆膵消化器病学)は「がんは発見が遅れると命にかかわる。胃がんや大腸がんは、早期では症状が出ないことが多く、がん検診をしっかり受けてほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2385574 0 医療・健康 2021/09/22 00:00:00 2021/09/22 00:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)