読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

診療所でも「抗体カクテル」可能に…大阪府、1400診療所に準備要請

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

吉村洋文・大阪府知事
吉村洋文・大阪府知事

 大阪府の吉村洋文知事は22日、重症化予防に効果のある「抗体カクテル療法」について、身近な診療所でも受けられるよう態勢を拡充する方針を示した。新型コロナウイルスの検査を実施している約1400の診療所のほか、入院患者を受け入れていない約100病院に、実施に向けた準備を進めるよう要請する。

 感染の「第6波」に備え、重症病床の 逼迫ひっぱく を回避するため早期治療の充実を図る狙い。抗体カクテル療法は現在、38の外来診療病院や宿泊療養施設の3か所などで行われ、17日からは厚生労働省のモデル事業として往診でも実施している。

 吉村知事は記者会見で「できるだけ早く治療し、重症化を防ぐため、身近なところで治療を受けられるようにしたい」と説明。府は簡易ベッドや診察室などの初期整備費用を支援するほか、容体の変化時に設備の充実した医療機関に搬送できる態勢も整備する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2388856 0 医療・健康 2021/09/23 10:36:00 2021/09/23 10:36:00 吉村洋文・大阪府知事。府庁で。2021年1月9日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210923-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)