読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

10~20代男性、「念のために」ファイザー製推奨の方向…モデルナ製に心筋炎の恐れ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの接種後、若い男性にごくまれに心筋炎や心膜炎が起こる恐れがあるとして、厚生労働省は、10、20歳代の男性には米ファイザー製の接種を推奨する方向で検討を始めた。15日に開かれる専門家部会に諮る。

ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン
ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 厚労省は未接種の場合だけでなく、1回目にモデルナ製を打った場合にも、ファイザー製の接種を勧める方向で検討を進めている。

 9月12日までの副反応疑いのまとめでは、モデルナ製接種後の心筋炎・心膜炎は10歳代男性で100万人あたり21・6件、20歳代男性で同17・06件報告されている。ファイザー製では10歳代で同1・87件、20歳代で同13・08件で、モデルナ製の頻度が高かった。

 今月1日に開かれた専門家部会は、モデルナ製についても、心筋炎などの頻度が低いことから「ワクチン接種のメリットの方がはるかに高い」との見方を示していたが、厚労省は「念のために」と、ファイザー製推奨の検討を始めた。

 海外では、スウェーデンがモデルナ製の30歳以下の接種を停止し、デンマークは18歳以下はファイザー製に一本化するとしている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2441730 0 医療・健康 2021/10/13 21:44:00 2021/10/13 23:02:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211013-OYT1I50124-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)