読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アルファ株とデルタ株の混合変異株、国内で6人確認…感染力などはデルタ株の性質引き継ぐ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国立感染症研究所は、英国由来の「アルファ株」とインド由来の「デルタ株」が混ざったとみられる新型コロナウイルスの新しい変異株が国内で6人から見つかったと発表した。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 発表によると、感染力などに関わる遺伝子についてはデルタ株の性質を引き継いでいるとみられ、「デルタ株より感染力などが強くなる可能性はないと考えられる」としている。8月12日~9月1日に採取された検体の遺伝子配列を解読してわかった。

 アルファ株とデルタ株の両方に感染した人の体内などで、ウイルスが混ざり合う組み換えが起こったとみられる。6人のウイルスはほぼ同一の遺伝子配列を持っており、共通の起源があるとされる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2455132 0 医療・健康 2021/10/20 07:10:00 2021/10/20 07:11:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211019-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)