読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

感染状況「減少速度の鈍化や下げ止まりが懸念」、厚労省の助言機関が見解

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染状況を評価する厚生労働省の助言機関は26日、全国の新規感染者数の減少が続いているものの、一部の地域では集団感染の発生などで一時的な増加傾向がみられ、「減少速度の鈍化や下げ止まりが懸念される」との見解をまとめた。

厚生労働省
厚生労働省

 25日時点の全国の新規感染者数(1週間平均)は295人で、昨年7月11日以来、1年3か月ぶりに300人を下回った。ただ、秋田、群馬、石川、滋賀、香川、佐賀の6県では新規感染者数が前週を上回った。集団感染などで一時的に増えたことによるとみられる。

 助言機関の座長を務める国立感染症研究所の脇田隆字所長は「多くの自治体で感染の水準は非常に低い。年末に向け、この状態を維持することが重要だ」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2472332 0 医療・健康 2021/10/26 20:49:00 2021/10/26 20:49:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211026-OYT1I50129-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)