「国産第1号」期待のワクチン、最終段階の治験を断念…大阪の新興企業

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 医療新興企業アンジェス(大阪府)は5日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、昨年6月から今春にかけて実施していた治験では十分な効果を得られなかったと発表した。今後は今年8月から進めている改良ワクチンの治験に注力する。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 同社は当初、主成分2ミリ・グラム入りを2回接種する想定でワクチンを開発。昨年6月末、初期段階の治験を国内で初めて開始し、同12月には中間段階に進んだ。国産のコロナワクチンの1例目になると期待されたが、治験に参加した計560人分のデータを分析した結果、先行する米ファイザー製やモデルナ製などに比べて効果が低く、最終段階の治験を断念したという。

 改良ワクチンは体内での免疫反応を高めるため、投与する成分量を増やしたり、接種部位を従来の筋肉から皮膚の浅いところに変更したりするなどし、5パターンで治験を行う。400人を対象に今年8月中旬、安全性などを調べる初期段階の治験を始めた。

 アンジェスは2022年に最終段階の治験を実施したい考え。23年以降の実用化を目指すとしている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2497984 0 医療・健康 2021/11/05 21:28:00 2021/11/06 09:29:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211105-OYT1I50135-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)