読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

認知症医療の第一人者、精神科医の長谷川和夫さん死去…自らの認知症を公表

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 認知症医療の第一人者として知られ、2017年10月に自らが認知症になったことを公表した精神科医の長谷川和夫(はせがわ・かずお)さんが13日、老衰のため死去した。92歳だった。告別式は近親者らで行われた。

精神科医の長谷川和夫さん
精神科医の長谷川和夫さん

 愛知県出身。1973年に聖マリアンナ医大教授となった。74年に、認知症の診断に使われる認知機能検査「長谷川式簡易知能評価スケール」を公表。91年の改訂版は、今も広く診療現場で使われている。2000年に高齢者 痴呆ちほう 介護研究・研修東京センター(当時)のセンター長となり、「パーソン・センタード・ケア」(その人中心のケア)の理念を普及させた。04年には、厚生労働省の検討会の委員として、「痴呆」という用語を「認知症」に変えるのに貢献した。

 認知症( 嗜銀顆粒しぎんかりゅう 性認知症)と公表した後、「長生き時代には誰もが向き合う可能性がある。なったと言える社会であることが大事」と、判断能力が衰えても安心して生きられる社会づくりの必要性を訴え続けた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2532777 0 医療・健康 2021/11/19 12:30:00 2021/11/19 20:20:02 認知症と共に人生を歩んだ精神科医の長谷川和夫さん。「人生100年時代、ボクは、まだまだこれから」と話す。東京都板橋区の自宅で。2019年2月7日撮影。同月21日朝刊[医療ルネサンス]「認知症と歩む(4)心通わせることはできる」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211119-OYT1I50090-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)