読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

医療空白救え、「登録医師」奔走…仲介のベンチャーに存在感

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大時は、病床不足によって自宅療養者が十分な治療を受けられない問題が起きた。そんな医療の「空白」をカバーし、存在感を増しているのが、登録する多数の医師を仲介するベンチャー企業だ。感染の波に応じ、必要な時にマンパワーを供給できる柔軟さが特徴で、「第6波」に備える自治体との連携も進んでいる。(川崎陽子)

自治体連携

コロナ患者を自宅で診察するファストドクターの登録医師(同社提供)
コロナ患者を自宅で診察するファストドクターの登録医師(同社提供)

 第4波や第5波で病床が 逼迫ひっぱく した地域では、自宅療養中に症状が急変しても、医療機関をすぐに受診できないケースが相次いだ。大阪市では4月、救急搬送先が見つからずに救急車内で1日半待機させられた人もいた。

ドクターズが運営に関わる「大阪コロナ大規模医療・療養センター」
ドクターズが運営に関わる「大阪コロナ大規模医療・療養センター」

 こうした状況の中、「ファストドクター」(東京)は夜間や休日の往診サービスを都市部を中心に展開。患者から電話や LINEライン で連絡を受けると、提携先のクリニックなどを通じ、医師が患者宅に駆けつけている。

 同社は2016年設立。人材として活用するのが、総合病院に所属する勤務医らだ。同社に登録してもらい、勤務時間外に往診先を紹介していたが、コロナ禍で患者からの依頼が急増。登録する医師も1300人を超えた。

 自宅療養者のケアが課題となっていた自治体も、同社と提携。大阪府では春から、自宅から患者が保健所に相談すれば、同社を通じて医師が往診し酸素投与や投薬などを行っている。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2553880 0 医療・健康 2021/11/28 09:11:00 2021/11/28 10:18:45 コロナ患者の自宅に往診するファストドクターに登録する医師 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211128-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)