[深層NEWS]「オミクロン株」国内で初確認、小坂教授「変異多いが感染力強いかは不明」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東北大教授の小坂健氏と、自民党参院議員で医師の古川俊治氏が30日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」について議論した。

 政府は同日、オミクロン株の感染者が日本で初めて確認されたと発表した。

 小坂氏は、「オミクロン株は変異が多いことは確認されているが、本当に感染力が強いかはまだ分からない。海外で実際に重症化しやすいという情報もない」と冷静な対応を求めた。古川氏は、オミクロン株が国内で広がるリスクについて「新型コロナウイルスはエアロゾル感染を起こすので、換気の悪い場所に行かないことが重要」と基本的な感染予防の重要性を強調した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2560925 0 医療・健康 2021/11/30 23:34:00 2021/11/30 23:34:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)