読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

3回目接種スタート、今月は医療従事者へ…女性看護師「第6波の備えに」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3回目のワクチン接種を受ける医療従事者(1日午前、国立病院機構東京医療センターで)=代表撮影
3回目のワクチン接種を受ける医療従事者(1日午前、国立病院機構東京医療センターで)=代表撮影

 新型コロナウイルスワクチンの3回目となる追加接種が1日午前、各地で始まった。18歳以上の希望者全員が対象となる。追加接種は2回目から8か月以上あけることを原則としており、12月は医療従事者に、来年1月には高齢者にも実施する。

 東京都目黒区の国立病院機構東京医療センターでは、午前8時55分頃に接種がスタート。医師と看護師計18人が列に並び、順番に米ファイザー製ワクチンの接種を受けた。新木一弘院長は「患者やその家族に安心して受診してもらうための大変重要な一歩が始まった」と語り、女性看護師(34)は「冬になり、人々の活動も増えてきた。3回目接種は第6波の備えになる」と話していた。

 国内での新型コロナのワクチン接種は2月にファイザー製で始まり、5月に米モデルナ製が、8月に英アストラゼネカ製が加わった。ファイザー製の場合、2回接種で得られる感染予防効果は時間の経過とともに減少し、半年で約50%に落ちると報告されている。60歳以上では重症化予防の効果も下がることから、政府は特に高齢者や免疫が低下した人には追加接種を行うよう推奨している。

 3回目接種には、当面ファイザー製が使われる。モデルナ製は審査中で、来年3月をめどに行う職域接種などで活用される見通しだ。政府は、2回目までとは異なる種類のワクチンを接種する交互接種について、ファイザー製かモデルナ製であれば認めるとしている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2561546 0 医療・健康 2021/12/01 09:24:00 2021/12/01 12:33:02 3回目接種を受ける医療従事者 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211201-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)