コロナ飲み薬「モルヌピラビル」、オミクロン株にも有効な可能性…今月中に特例承認へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米製薬大手メルクの日本法人MSDは3日、新型コロナウイルス感染症を治療する飲み薬「モルヌピラビル」について、厚生労働省に製造販売承認を申請した。新たな変異株「オミクロン株」にも有効である可能性が高いとしている。

米製薬大手メルクが開発したモルヌピラビル(MSD提供)
米製薬大手メルクが開発したモルヌピラビル(MSD提供)

 MSDは手続きを迅速化する特例措置を求めている。今月中に厚労省の専門家部会で審議され、特例承認される見通しで、軽症者向けとして国内初の飲み薬となる可能性がある。

 モルヌピラビルは、発症早期の軽症から中等症の患者が服用することで、ウイルスの増殖を抑えて重症化を防ぐ飲み薬だ。自宅などで1日2回、5日間服用するもので、重症化リスクの高い人を対象とする臨床試験では入院・死亡するリスクを約30%下げる効果があった。

 英国では既に承認され、米国でも食品医薬品局(FDA)の諮問委員会が緊急使用を認めるよう勧告している。日本政府は160万回分の供給をMSDと約12億ドル(約1350億円)で契約している。このうち20万回分は、年内に供給される計画だ。

 国内では、新型コロナの患者に対し、「抗体カクテル療法」と呼ばれる中外製薬の抗体医薬「ロナプリーブ」など、主に5種類の薬が使われている。

 軽症から中等症の患者に使える薬は、ロナプリーブなど2種類あるが、いずれも医師や看護師による点滴や注射での投与が必要だ。モルヌピラビルが実用化されれば、患者自身が自宅で服用でき、医療機関の負担軽減につながる可能性がある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2568341 0 医療・健康 2021/12/03 20:16:00 2021/12/03 23:56:02 米製薬大手メルクが開発したモルヌピラビル(MSD提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211203-OYT1I50107-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)