全国「噛む力」ランキング、日本一は秋田県

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大手菓子メーカー「ロッテ」(東京)は2日、かむことへの意識や理解度を数値化した「 む力」に関する全国調査で、秋田県が全国1位になったと発表した。

 調査は10月23~27日、各都道府県の20~60歳代100人、計4700人を対象にウェブで実施。よくかむことへの意識や一口あたりの 咀嚼そしゃく 回数、ガムをかむ頻度、かむことの健康効果などへの理解度から各都道府県民の「噛む力」を数値化した。

 調査によると、ガムを月1回かんでいると回答した人の割合は本県では41%で、全国平均(19・4%)を大きく上回り、全国2位だった。調査を担当した事務局は「かむことの『意識』『行動』『知識』についてのどの設問でも、高い得点傾向にあった」としている。

 県は歯と 口腔こうくう の健康づくり推進条例を改正し、オーラルフレイル(口の機能の虚弱)予防への取り組みを盛り込み、施行された今年4月から取り組みを強化している。県健康づくり推進課の担当者は「今後も啓発活動に取り組み、県民の口腔の健康維持に努めていきたい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2575002 0 医療・健康 2021/12/06 17:35:00 2021/12/06 17:35:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)