ファイザー製3回目接種後、4割が発熱…主な副反応は注射部位の痛み92%、倦怠感71%

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンによる3回目接種後、4割の人に37・5度以上の発熱がみられたとの中間報告を順天堂大学などの研究チームがまとめた。主な副反応の頻度は2回目の接種後と同程度だったとしている。

ロックダウンが続く上海、邦人2人が死亡…市当局から総領事館に連絡
ファイザー製のコロナワクチン
ファイザー製のコロナワクチン

 24日に開かれた厚生労働省の専門家部会で報告した。調査対象は、2回接種完了から約9か月の間隔で3回目を接種した医療従事者ら約1050人。3回目から1週間以内に37・5度以上発熱した人の割合は40%、38度以上は20%だった。

 主な副反応の頻度は、注射部位の痛みが92%、 倦怠けんたい 感が71%、頭痛が56%など。リンパ節があるわきの下の痛みは5%に見られ、2回目(1%)よりやや頻度が高かった。1割は、接種翌日などに仕事を休んだ。

 一方、厚労省は、ファイザー製と米モデルナ製のワクチン接種後の死亡例が今月5日までに累計1402人報告されたと明らかにした。専門家部会は全ての事例について、接種との因果関係を「評価できない」か「認められない」とした。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2627100 0 医療・健康 2021/12/24 17:54:00 2021/12/24 21:20:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211224-OYT1I50100-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)