コロナ飲み薬「モルヌピラビル」を特例承認へ…厚労省、国内初

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省の専門家部会は24日、米製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」の特例承認を了承した。厚労省は24日にも特例承認する。軽症者に使える国内初の飲み薬で、「オミクロン株」に対しても効果が期待される。政府は160万回分を確保しており、週末にも20万回分の配送を始める。

J1のG大阪―広島戦が中止、広島で複数のコロナ陽性…代替日は未定
モルヌピラビル(メルク提供、AP)
モルヌピラビル(メルク提供、AP)

 軽症・中等症が対象で、海外の臨床試験では入院・死亡リスクを約30%下げる効果が確認された。

 国内で承認されている軽症・中等症用の治療薬は2製品あるが、いずれも医療機関で点滴や注射で投与する必要がある。飲み薬は自宅での早期治療も容易となり、入院する人を減らすことで病床逼迫も防ぐことが期待される。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2627175 0 医療・健康 2021/12/24 18:31:00 2021/12/24 18:46:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211224-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)