「アビガン」の観察研究終了へ…「モルヌピラビル」実用化で必要性低下

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について厚生労働省は28日、観察研究のための提供を終了した。都道府県に27日付の文書で通知した。飲み薬「モルヌピラビル」(商品名・ラゲブリオ)が実用化されるなど新型コロナ診療を巡る状況の変化を踏まえた判断だという。

屋内でも「2m以上の距離・ほとんど会話なし」ならマスク不要…厚労相見解で基準明確に
アビガン(富士フイルム提供)
アビガン(富士フイルム提供)

 アビガンは元々は新型インフルエンザの治療薬。新型コロナ用に昨年10月に承認申請されたが、同年末の専門家部会で「効果が確認できない」として継続審議になった。

 観察研究は、国が薬剤を提供する形で行われ、今年7月1日までに約1万5000人に投与された。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2637546 0 医療・健康 2021/12/28 23:44:00 2021/12/28 23:49:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211228-OYT1I50153-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)