読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ブタの心臓を世界初移植、患者「私は生きたい」…医療チーム「臓器不足の解決に一歩近づいた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米メリーランド大は10日、遺伝子改変によって拒絶反応が起きにくくしたブタの心臓を、重い心臓病の男性患者(57)に移植したと発表した。ブタの心臓の人への移植は世界初という。同大の医療チームは「(移植用の)臓器不足の危機の解決に一歩近づいた」と説明している。

ブタの心臓の移植手術の様子(米メリーランド大のホームページより)
ブタの心臓の移植手術の様子(米メリーランド大のホームページより)

 発表によると、男性は約1か月半前に不整脈で入院し、人工心肺装置が使われていた。患者の命に危険が迫る中、ほかの手段がない場合の特別な措置として、米食品医薬品局(FDA)が昨年12月末、今回の移植を緊急許可した。

 ブタは臓器の大きさや機能が人間と近いが、そのまま移植すれば免疫による強い拒絶反応が起きる。医療チームは拒絶反応や、人間の体内での過度の成長を抑えるため、関連する遺伝子を計10か所改変したブタの心臓を使った。

ブタの心臓を移植された男性(右)と、手術を担当した医師(米メリーランド大のホームページより)
ブタの心臓を移植された男性(右)と、手術を担当した医師(米メリーランド大のホームページより)

 移植は今月7日に行われ、手術は約8時間に及んだという。移植を受けた男性は、同大を通じ、「死ぬか移植をするかのどちらかしかなかったが、私は生きたい。(ブタの心臓移植は)最後の選択肢だった」とコメントした。現在のところ、男性の健康状態に問題はないというが、医療チームは、今後数週間にわたって慎重に観察していくと説明している。

 米政府によると、米国内で臓器移植を待っている患者は約11万人に上り、毎年6000人以上が移植手術を受けられずに亡くなっている。

  長嶋比呂志・明治大教授(発生工学)の話 「人からの移植を待つ間の橋渡しで今回のような異種移植が考えられ、移植医療の選択肢が広がる成果だ。ただし免疫による拒絶反応を完全に抑えることは難しい。移植臓器がどれぐらいの間、正常に機能するかが課題だ」

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2664160 0 医療・健康 2022/01/11 12:31:00 2022/01/11 19:27:33 手術を担当したバートレイ・グリフィス医師(左)と、ブタの心臓を移植された患者のデビッド・ベネットさん=米メリーランド大医学部提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220111-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)