5~11歳向けファイザー製ワクチン、厚労省が特例承認…3月にも接種開始へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は21日、5~11歳向けの米ファイザー製新型コロナウイルスワクチンの製造販売を特例承認した。26日に開かれる同省の専門家会議での審議を経て、公費で行う「臨時接種」に位置づける見通しだ。

国内で新たに3万5190人がコロナ感染…東京の直近1週間は、前週比8%減
ファイザー製のコロナワクチン
ファイザー製のコロナワクチン

 5~11歳向けワクチンは、現在使われている12歳以上用とは別製品になる。成分量を12歳以上用の3分の1に減らし、3週間間隔で2回接種する。同社の海外での臨床試験では、90・7%の発症予防効果が確認された。政府は2月に子ども用ワクチンを輸入し、3月にも対象となる715万人への接種を始める方針だ。

 また、同省は中外製薬が開発した関節リウマチの点滴薬「アクテムラ」を、新型コロナによる肺炎の治療に使用することも承認した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2691727 0 医療・健康 2022/01/21 11:18:00 2022/01/21 11:18:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220121-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)