「今月の3連休が感染拡大要因」と専門家…20歳前後の人が帰省・会食、親や祖父母にも感染

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の影響で兵庫県但馬地域でも感染者数が急増している。20日夕現在、今月に入って新規感染者数は195人。感染の傾向や地域医療の状況はどうなのか。豊岡健康福祉事務所の柳尚夫所長が現状について説明した。(聞き手・熊谷暢聡)

スカイツリー頂上に海老蔵さん、地上634mから「日本津々浦々まで」伝統の「にらみ」披露

 但馬地域の現在の感染状況は――。

但馬地域の感染状況などについて説明する柳所長(豊岡市で)
但馬地域の感染状況などについて説明する柳所長(豊岡市で)

 正月明けに最初のオミクロン株が確認され、今月上旬の3連休が感染拡大の要因となった。20歳前後の人が帰省した友人らと飲食するなどして感染し、親や祖父母らに広がったとみられる。家庭内感染が中心で、子どもが感染するケースも増え、豊岡管内だけで約140人が自宅で療養している。

 オミクロン株の特徴は――。

 デルタ株と異なり、発熱してもすぐに下がる傾向にある。接触から発症までの期間も、多くの場合が2~3日。基礎疾患を持つ人らが重症化する可能性はあるが、多くは軽症だ。

 医療機関の状況は――。

 入院が必要な患者は、重症度に応じて三つの医療機関で受け入れているが、病床が 逼迫ひっぱく しているという状況ではない。中等症で入院中なのは20日現在で1人だ。

 今後の見通しと感染防止策は――。

 オミクロン株は上気道で増殖する性質があり、手洗いやマスクに加え、うがいも有効だろう。感染を不安がり、自宅に閉じこもるなどする方が心身のマイナスが大きい。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2692485 0 医療・健康 2022/01/21 15:15:00 2022/01/21 15:15:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220121-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)