オミクロン株対応のワクチン、臨床試験を開始…米ファイザー

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米製薬大手ファイザーは25日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に対応したワクチンの臨床試験を開始したと発表した。18~55歳の最大1420人が参加し、ワクチンの有効性や安全性を調べる。

スカイツリー頂上に海老蔵さん、地上634mから「日本津々浦々まで」伝統の「にらみ」披露
ファイザー製のコロナワクチン
ファイザー製のコロナワクチン

 臨床試験では、既存のワクチンの接種歴に応じて参加者を3グループに分け、オミクロン株に対応したワクチンを最大3回投与する。

 開発責任者は既存のワクチンについて「追加接種がオミクロン株による重症化を防ぐ高い効果を与える」としつつ、「時間の経過と共に予防効果が弱まる場合に備える必要がある」と説明した。

 ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は今月10日、オミクロン株に対応したワクチンについて「3月中に準備できる」との見通しを示していた。ただ、ロイター通信によると、臨床試験結果に関する規制当局の要求によっては、供給開始が遅れる可能性もあるという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2704915 0 医療・健康 2022/01/26 11:19:00 2022/01/26 11:19:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220126-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)