アナフィラキシーなどの症状「ワクチン接種が原因」…国の救済対象515人に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は28日、新型コロナウイルスワクチンを接種した後に、急性アレルギー反応のアナフィラキシーなどの症状が出た15~77歳の男女115人について、「症状は接種が原因」として、医療費の自己負担分と医療手当(月額3万5000~3万7000円)の給付を行うことを決めた。

98か国・地域の「添乗員付き」限定、観光入国を来月10日再開
厚生労働省
厚生労働省

 この日開かれた有識者会議が118人について審議し、うち3人については「症状は通常の副反応の範囲内」として否認した。今回の認定で国の救済制度の適用対象は515人となった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2712369 0 医療・健康 2022/01/28 18:41:00 2022/01/28 21:16:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220128-OYT1I50111-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)