米FDA、モデルナ製ワクチンを正式承認…「一部の人の接種決断により自信を与えるだろう」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=冨山優介】米食品医薬品局(FDA)は1月31日、米バイオ企業モデルナの新型コロナウイルスワクチンを正式承認したと発表した。米国では昨年8月の米製薬大手ファイザー製に続き2例目となる。

新型コロナウイルスの米モデルナ製のワクチン
新型コロナウイルスの米モデルナ製のワクチン

 モデルナ製は2020年12月、未承認の医薬品に対する緊急使用許可が出ていた。FDAのジャネット・ウッドコック長官代行は声明で「正式承認は、一部の人々が接種を決断する際、より自信を与えることにつながるだろう」と述べた。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、ファイザーは近く、生後6か月から4歳までの子供を対象とした新型コロナワクチンの接種について、FDAに許可申請する方針だ。米国では、接種対象外の4歳以下にも感染が広がっている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2723495 0 医療・健康 2022/02/01 21:52:00 2022/02/01 21:52:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220201-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)