WHOがオミクロン新系統の監視強化…南アなどで確認、「BA・2」の感染力上回る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」のうち、国内で置き換わりつつある「BA・2」の感染力を上回るとみられる新系統「BA・4」と「BA・5」がアフリカなどで見つかっている。世界保健機関(WHO)は両系統を警戒度が最も高い分類の「懸念される変異株(VOC)」に加え、監視を強めている。

鞍馬の火祭 10月22日に開催…3年ぶり
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 英保健当局によると、BA・4は3月30日までに南アフリカや英国などで計52例見つかった。BA・5も3月25日までに南アで27例が確認された。日本国内では見つかっていない。

 西浦博・京都大教授(理論疫学)らは、国内の第6波で主流だったBA・1に比べ、BA・4の感染力は1・49倍、BA・5は1・4倍と推定し、1・21倍のBA・2を上回るとした。西浦教授は「日本に入れば置き換わりが進むだろう」と指摘する。

 ただ、南アでは入院者数や死者数は急増しておらず、病原性は不明だ。福原崇介・北海道大教授(ウイルス学)は「新系統が持つ変異は、ワクチンや薬の有効性を下げる恐れがある」と話す。

 WHOは、BA・1とBA・2の遺伝子が交ざった「XE」もVOCに分類している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
2941413 0 医療・健康 2022/04/21 22:04:00 2022/04/22 00:06:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220421-OYT1I50169-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)