原因不明の子どもの急性肝炎、国内の報告計24人に…昨年10月の確認事例も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は20日、海外で急増している原因不明の子どもの急性肝炎について、当てはまる可能性がある入院患者が新たに12人報告されたと発表した。国内の報告は計24人となった。

厚生労働省
厚生労働省

 新たに報告された12人は、この1週間の発症だけではなく、昨年10月まで記録を遡って確認されたケースも含まれる。アドバイザーとして記者会見に同席した国立感染症研究所の斎藤智也・感染症危機管理研究センター長は「今になって急に伸びてきたという印象は持っていない」としている。

 これまでに報告された24人のうち、アデノウイルスが検出された人は計2人、新型コロナウイルスも計2人となった。

 欧州疾病予防管理センター(ECDC)の19日時点の報告によると、原因不明の急性肝炎は、31か国で621例報告されている。

スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
3017139 0 医療・健康 2022/05/20 21:41:00 2022/05/20 21:41:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220520-OYT1I50137-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)