第一三共のワクチン、ファイザーやモデルナ製と「同程度以上の有効性」確認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第一三共は26日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、3回目接種の治験を行った結果、米ファイザー製や米モデルナ製のワクチンと「同程度以上の有効性」を確認したと発表した。より規模の大きな治験を進め、追加接種用ワクチンの年内実用化を目指す。

日本の高校生、「コロナで死亡」に恐怖感47%…「常にマスク着用」95%

 第一三共製のワクチンは、米2社と同様、遺伝物質・メッセンジャーRNA(mRNA)を主成分とするタイプ。治験には、米2社いずれかのワクチンを2回接種した18歳以上の男女約500人が参加した。第一三共製の3回目接種を受けた人は、感染を防ぐ「中和抗体」の量が、米2社のワクチンを3回接種した場合と同程度以上に増えたという。重篤な副反応はなかったとしている。

 1、2回目接種に関しても、中間段階の治験で一定の有効性と安全性を確認したといい、今年9月までに最終段階の治験に入る予定。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
3033285 0 医療・健康 2022/05/26 22:10:00 2022/05/26 22:10:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)