米モデルナ、オミクロン対応ワクチンを今秋にも供給…「サル痘」ワクチンも開発

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米バイオ企業モデルナのポール・バートン最高医療責任者(CMO)は27日、流行中の新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に対応した新しいワクチンを、今秋にも日本に供給する考えを示した。

昨年度の国税収、過去最高67兆円…世界的に景気回復、所得・法人・消費の3税とも増収
米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン
米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン

 同日のオンライン記者会見で明らかにした。中国・武漢由来の従来株に基づいて設計された既存のワクチンに、オミクロン株にも効果があるよう改良を加えた。バートン氏は「効果は6か月かそれ以上継続すると考えられる」などと述べた。

 新しいワクチンの有効性を示すデータは数週間以内に公表できるとしている。今月創設された、ワクチンの有効性が推定できれば暫定的に使用を認める「緊急承認制度」の適用を目指す方針だ。

 一方、欧米などで確認されている天然痘に似た感染症「サル痘」について、新たにワクチン開発に着手したことを明かした。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
3036162 0 医療・健康 2022/05/27 20:25:00 2022/05/27 21:07:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220527-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)