高血圧患者の「発生率」東北・北関東で高く…男性は福島、女性は?

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内の高血圧患者数は2700万人で、9割にあたる2400万人が治療薬を処方されているとの調査結果を日本高血圧学会のチームがまとめた。東北地方や北関東で患者発生率が高く、チームは「食塩摂取量が多く、脳卒中死亡率が高い地域と重なる」として注意を促している。

血圧測定
血圧測定

 調査は、2014年の国民の診療報酬明細(レセプト)のデータベースを用いて実施した。未受診の患者は含まれない。

 その結果、医療機関を受診した高血圧患者は、全国で約2700万9000人に上り、国民全体の2割を占めた。年齢が高くなるほど、患者の発生割合も高くなる傾向がみられ、80歳以上では66%が該当した。

 都道府県別にみると、人口10万人あたりの患者数は、女性では、栃木が約2万4600人で最も多く、最少は京都の約2万300人だった。男性の最多は福島の約2万4500人で、最少は神奈川の約1万9800人。最多の自治体は、最少の自治体の2割増しだった。東北や北関東で患者発生率が高く、脳卒中死亡率が高い地域と重なる傾向がみられた。

 また、全国の患者の59%が、大きな病院ではなく、診療所を受診していた。

 調査結果をまとめた同学会理事の三浦克之・滋賀医大教授(公衆衛生学)は「東北などの患者発生率の高さには、食塩摂取量の多さが影響している可能性があり、食習慣の見直しなど、地域の実態に合わせた対策を取る必要がある。地域のかかりつけ医が果たす役割も大きい」と指摘している。

スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
3075485 0 医療・健康 2022/06/11 20:51:00 2022/06/12 01:08:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220611-OYT1I50125-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)