日本医師会の新会長に松本吉郎氏、埼玉の皮膚科形成外科医院の院長…中川会長は出馬見送る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 任期満了に伴う日本医師会(日医)の会長選が25日午前、東京都文京区の日本医師会館で行われ、常任理事の松本吉郎氏(67)が副会長の松原謙二氏(65)を破り、新会長に選出された。任期は2年間。

日本医師会の新会長に選出された松本吉郎氏
日本医師会の新会長に選出された松本吉郎氏

 会長選は、代議員376人により行われ、開票結果は松本氏310票、松原氏64票、白票1票、無効1票だった。

 松本氏は、さいたま市内の皮膚科形成外科医院の院長で、埼玉県医師会常任理事などを経て、2016年から現職。17~21年に、厚生労働相の諮問機関・中央社会保険医療協議会(中医協)の委員を務めた。

 松本氏は「医師会への社会的な信頼感が低下していると指摘されている。取り戻さなければならない」などと訴えてきた。

 現会長の中川俊男氏(70)は出馬を見送った。

スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
3113179 0 医療・健康 2022/06/25 11:21:00 2022/06/25 11:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220625-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)