野山などで吸着され発症、ツツガムシ病で20代男性が発熱…帰宅後の速やかな入浴呼びかけ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 秋田県は2日、湯沢保健所管内の20歳代男性がツツガムシ病を発症したと発表した。県内での確認は今年7例目。

フトゲツツガムシ(愛知医科大学・角坂照貴講師提供)
フトゲツツガムシ(愛知医科大学・角坂照貴講師提供)

 発表によると、男性は22日に発熱の症状があり、県内の医療機関を受診して感染が判明した。現在入院中だが、快方に向かっているという。

 ツツガムシ病は、野山や田畑、河川敷などに生息するツツガムシに吸着されて発症する。県は、野山などに行く場合はできる限り素肌を出さず、長袖や長ズボンを着用すること、帰宅後は速やかに入浴することなどを呼びかけている。

スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
3137730 0 医療・健康 2022/07/04 10:48:00 2022/07/04 16:09:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)