• 「百年ぶりのにしん大漁」に心動く

    会員限定
     歩く、走るなどの移動は、人間にとって大切です。動き続けることでさまざまなものと出会い、気づきが起こります。  偶然の幸運に出会うことを「セレンディピティ」と言います。もともとは、英国の初代首相、ロバート・ウォルポールの…
    記事へ
  • めんこ、ベーゴマ…身体が脳と遊んでいた頃

    会員限定
     今の子どもたちにとっては、「遊び」とは、まずはテレビや携帯用ゲーム機、スマートフォンでやるゲームを指すのでしょう。オンラインで世界中の人とつながり、自分を磨いていく。そんな成長のプロセスは、とても大切です。  私が子ど…
    記事へ
  • 夏のランニングには細心の注意を

    会員限定
     今年の夏はほんとうに暑く、体調の管理には、みなさん、気をつけられているのではないでしょうか。  私も、ランニングに行くときには朝早く起きて、太陽が高くなってしまう前に走り終えるように工夫します。  それでも暑いので、夏…
    記事へ
  • 小笠原は「私的世界遺産」だ!

    会員限定
     先日、小笠原諸島に行く機会がありました。  世界自然遺産に登録されたのは、2011年のこと。小笠原だけの固有種の存在など、その自然環境が評価されたのです。  私自身は、子どもの頃から、 蝶(ちょう) を中心に自然に興味…
    記事へ
  • 古都クラクフの「ラーメン・ピープル」

    会員限定
     6月下旬、ポーランドの古都、クラクフに行ってきました。  ポーランドの現在の首都はワルシャワですが、かつてはクラクフに都が置かれ、歴代の国王が住んだお城もありました。  旧市街が世界遺産に登録されているクラクフ。歩いて…
    記事へ
  • 「アジサイの哲学」に気づくには

    会員限定
     私は、普段でも、旅をしているときでも、ごくありふれた街の中を走るのが好きです。  「旅ラン」においても、名所旧跡や景色の良いところを走るよりも、普通の裏通りを走る方が好きです。その方が、よほど良い「観光」になるような気…
    記事へ
  • 明治神宮という「奇跡」に触れる

    会員限定
     大都会の中にあって、深い森に囲まれた明治神宮は、「奇跡」のような存在だといつも感じます。  明治天皇が亡くなられた後に、お 祀(まつ) りしたのが明治神宮。もとは牧草地のような環境だったと言いますが、その場所に各地から…
    記事へ
  • NYハイラインの「記憶」とアート

    会員限定
     新しい世の中の動きを知る上では、新聞やテレビなどのメディアも大切ですが、一方で、SNSや、知り合いからの口コミなども重要な役割を果たす時代になってきています。  ニューヨークに「ハイライン」というものがあるのを知ったの…
    記事へ
  • 都市にある公園を活用しよう

    会員限定
     東京の街を走ったり歩いたりしていると、外国から来るお客さんがほんとうに多くなったと実感します。  これは、東京だけでなく、全国的な傾向であるようです。  大人気の「和食」を始めとして、日本の独特の文化や、長い歴史を背景…
    記事へ
  • スタンレーパークの森は心の「お守り」

    会員限定
     毎年この時期、カナダのバンクーバーで科学技術や人類の未来について話し合う会議「TED」が開かれています。  今年も参加してまいりました。  私にとって、バンクーバーは、15歳の時初めて外国を訪れてホームステイした、懐か…
    記事へ
  • 外国人に人気! 焼き鳥の「メタ認知」

    会員限定
     私の住む東京では、桜の季節はすっかり終わってしまいましたが、東北や北海道では、これからでしょう。  私は毎年、ツイッターのアイコンを開花宣言とともに桜に変え、桜前線が北海道に到達するまでそのままにしておきます。本来は九…
    記事へ
  • 国宝・石清水八幡宮と素敵な「縁」

    会員限定
     先日、仕事で京都府八幡市にある石清水八幡宮に行ってきました。  『方丈記』、『枕草子』と並んで「日本三大随筆」の一つと評価される吉田兼好の『徒然草』に、石清水八幡宮のことが書かれていることに 因(ちな) んでこの度創設…
    記事へ
  • ホタルも息づく緑地を発見

    会員限定
     旅をしながら走る時に、いちばんうれしいのは(以前にも触れましたが)「セレンディピティ」(偶然の幸運)です。  旅ランの 醍醐(だいご) 味は、セレンディピティにこそあると言って良いでしょう。  もっとも、全くのゼロから…
    記事へ
  • 「ひな人形」と変わる価値観

    会員限定
     相変わらず、あちらこちらに出かけ、旅をしながら散歩をしたり走ったりしています。  空間を移動しているときに驚きがあるのは「不意打ち」に出会ったときで、そんな折には思わず立ち止まってしまって、しばらくは時の流れを忘れてし…
    記事へ
  • 懐かしき「タイヤ遊具」

    会員限定
     旅をするということは、空間を移動することであると同時に、時には、時間の中を移動することでもあります。  出会ったものをきっかけに、過去や未来にタイムトリップすることもあるのです。そして、自分自身の人生の意味を見つめ直し…
    記事へ
  • 「セレンディピティ」な1時間

    会員限定
     歩いたり、あるいは走っていたりしての一番の楽しみは、偶然何かに出会うことです。  その存在を全く知らないものであることもありますし、また存在は知っていても、未知の側面に出会うこともあります。  偶然の幸運に出会うことを…
    記事へ
  • 「ウメノハナサク」

    会員限定
     世の中は年が明け、そろそろ、受験生たちは本格的な「試練」の時期を迎えているのではないかと思います。  試験の点数だけで人生が決まってしまうわけではないし、受験に落ちてしまっても、それでかえって人生が面白い方向に行くこと…
    記事へ
  • ちょっと早めの「年越し蕎麦」

    会員限定
     今年も、だいぶ押し詰まってきました。  この時期、「大掃除」をしたり、あるいはまだ書いていなかった年賀状に追われたりなど、さまざまな「行事」があるかと思います。  私の場合は、大 晦日(みそか) にかけて「年越し 蕎麦…
    記事へ
  • 「落ち葉の哲学者」

    会員限定
     ほぼ毎日、走っていることの一つの 歓(よろこ) びは、季節の変化を感じることができることです。  走り慣れた街でも、ほんの数日の間に様子が変わります。  春ならば、木の芽がふくらんでいたり、花がほころんでいたり。  秋…
    記事へ
  • アメリカでアインシュタイン像に出会う

    会員限定
     子どもの頃のヒーローは、大人になってからもヒーローなのだと思います。  私の場合は、物理学者、アルベルト・アインシュタイン。「相対性理論」で科学の世界に革命を起こしたこの天才に、私は小学校の頃から憧れていました。  幼…
    記事へ
  1. 1
  2. 2
  3. 3

アクセスランキング

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ