3分でわかる「フレイル講座」第1部<上>高齢者に「肉食」のススメ…#フレイル予防中!

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

鶏むね肉を使った健康長寿がテーマの料理に取り組む料理教室の参加者ら
鶏むね肉を使った健康長寿がテーマの料理に取り組む料理教室の参加者ら

 年齢とともに食が細れば、筋力が低下し、やがては出かけるのも面倒になって、ひきこもりがちに――。フレイルの予防策として、まずは「食」に注目する。栄養バランスに気をつけるのは当然だが、特にたんぱく質を豊富に含む「肉」がカギを握っているようだ。

 11月上旬、シニアの食をテーマにした料理教室「健康寿命をのばす元気ごはん」が横浜市内で開かれた。メイン料理は「鶏むね肉のクリスピー焼き」。鶏むね肉は安価だが、肉の中でも良質なたんぱく質を多く含む。

 主催する「ベターホーム協会」(東京)は全国で料理教室を展開し、シニア対象の教室も開く。フレイル予防につながる肉料理も積極的に紹介していて、1食でたんぱく質を30グラム程度摂取しながら、塩分は3グラム以下に抑えるよう工夫している。

 「80歳になっても肉をしっかり食べて、健康寿命を延ばそう」

 そんなスローガンを掲げているのは、千葉県歯科医師会。昨年、フレイル予防のための「8029(ハチマル肉)運動」をスタートさせ、口腔(こうくう)機能の維持などをテーマにしたイベントを開いている。

 厚生労働省が今年示した食事摂取基準の改定案では、高齢者について、肉や魚などのたんぱく質を多く摂取する重要性を強調した。65歳以上の人は、毎日、体重1キロあたり1グラム以上のたんぱく質をとることが望ましいとされている。

※特設サイト「#フレイル予防中!」はこちら

※新聞掲載の記事はこちら

無断転載禁止
928202 0 連載「フレイル講座」 2019/12/02 05:00:00 2019/12/02 12:54:51 2019/12/02 12:54:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191129-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ