3分でわかる「フレイル講座」第1部<中>スマホが先生、献立に「10の食品群」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

スマホのアプリ「10食品群チェッカー」の画面
スマホのアプリ「10食品群チェッカー」の画面

 栄養価の高い「食」がフレイル予防のポイント。健康維持のための日々の献立作りに、スマートフォンの「助言」も活用しながら挑戦する高齢者を取材した。

 東京都大田区の男性(84)は、1日に必要な栄養素を取れる「10の食品群」(魚、油、肉、牛乳、野菜、海藻、芋、卵、大豆、果物)のうち、自分の食事で何が不足しているか、一目でわかるスマホのアプリ「10食品群チェッカー」を使っている。

 11月に参加した料理教室でも、作ったばかりのハンバーグや、大根とツナのサラダを食べながら、画面で「肉」「魚」などのマークをタッチ。「芋や海藻が足りないな」と夕食の献立に考えを巡らせていた。最近では食事内容の確認だけでなく、冷蔵庫の中身を見て、足りない食品を買いにスーパーに行くほど日々の食生活を意識し始めたという。

 男性が「10の食品群」を学んだのは、大田区が地域で開催するフレイル予防のためのまち歩きイベント。ウォーキングで体を動かすだけでなく、栄養についても学べる内容で、11月初旬のイベントでは、スタンプラリーで食品群を一つ一つ確認した。同区では「健康維持のための食習慣を楽しみながら続け、習得したことを近所の人に広げていってほしい」と期待する。

※特設サイト「#フレイル予防中!」はこちら

※新聞掲載の記事はこちら

無断転載禁止
930308 0 連載「フレイル講座」 2019/12/03 05:00:00 2019/12/03 05:00:00 2019/12/03 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191202-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ