3分でわかる「フレイル講座」第3部<下>喉や口の筋肉、歌って楽しく鍛える

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

カラオケを使った介護予防教室で、「年下の男の子」を歌いながら体を動かす参加者(ビッグエコー龍ヶ崎店で)
カラオケを使った介護予防教室で、「年下の男の子」を歌いながら体を動かす参加者(ビッグエコー龍ヶ崎店で)

 しっかり食べ、飲むための「力」を維持していくため、喉や口の周りの筋肉を強くすることを目指す試みが広がっている。オーラル(口腔(こうくう))フレイル対策として、楽しみながら取り組めるトレーニングを紹介する。

 昨年末、茨城県龍ヶ崎市のカラオケボックスを訪れると、男女14人がキャンディーズの1970年代のヒット曲を熱唱していた。

 ただカラオケを楽しんでいるのではない。壁のモニター画面に映し出された振り付けの動画に合わせ、全員で歌いながら腕を曲げ伸ばししたり、軽くスクワットをしたり。同市が約3年前から取り組んでいる、65歳以上の市民を対象とした介護予防教室の一コマだ。

 教室は、カラオケ事業を展開する第一興商が、市の委託を受けて運営。カラオケに体操や脳トレなどを組み合わせた約650のプログラムを搭載した専用機器を活用する。童謡「うさぎとかめ」の歌詞を、口の体操に効果的とされる「パ」「タ」「カ」「ラ」の4文字に置き換えて歌うプログラムもある。

 参加した女性(70)は、数年前から水やみそ汁を飲むときにむせることが増えたが、月2回、1回60分のこの教室に約1年間通ううち、いつの間にか気にならなくなったという。

残り:215文字/全文:725文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1034755 0 連載「フレイル講座」 2020/02/04 05:00:00 2020/02/04 08:18:15 2020/02/04 08:18:15 カラオケシステムを使った介護予防講座で、「年下の男の子」を熱唱しながら運動する参加者(ビッグエコー龍ヶ崎店で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200203-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ