読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「高たんぱく」「プロテイン」…気になる味、効果的な食べ方は?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

管理栄養士の野本さんの説明を聞きながら、高たんぱく質のヨーグルトを試食する大広悠子記者
管理栄養士の野本さんの説明を聞きながら、高たんぱく質のヨーグルトを試食する大広悠子記者
コンビニなどで手に入る高たんぱく質食品。「プロテイン」や「高たんぱく」の文字が目立つ
コンビニなどで手に入る高たんぱく質食品。「プロテイン」や「高たんぱく」の文字が目立つ

 フレイル予防には、筋肉のもとになるたんぱく質(プロテイン)が重要です。スーパーなどで、「高たんぱく」「プロテイン」といった表示の食品を見かけ、味や食べ方が気になっていた記者が、試してみました。

 まず、近くのコンビニで商品棚をチェック。ヨーグルトやプロテイン飲料といった乳製品、鶏ささみの加工品、間食向けのバーなどが並んでいます。今回は6商品を購入。店頭価格はいずれも150円前後で、通常の商品よりやや高めの印象です。

主な原料は大豆、牛乳、肉、魚

 「たんぱく質強化食品の原料は主に大豆、牛乳、肉、魚の4種類です」。食品メーカー・明治の管理栄養士、野本未来さんが教えてくれました。

 食品表示法では、「高たんぱく質」と示す場合、100キロ・カロリーあたり8・1グラム以上のたんぱく質が含まれるなどといった基準を満たす必要があります。

 こうした食品の中で身近なのがヨーグルト。たんぱく質を多く含む製品は「ギリシャヨーグルト」と呼ばれ、様々な製品が売られています。水分を減らして作る濃縮タイプで、「普通のヨーグルトと比べ、約2倍のたんぱく質が含まれる」そうです。

 さっそく試食。固形チーズと普通のヨーグルトの間くらいの歯ごたえです。味も濃く感じます。クリームチーズのような味わいで、甘いジャムなどをトッピングしてもおいしそうです。

 続いてプロテイン飲料。牛乳のたんぱく質を材料に作られた「ザバス ミルクプロテイン脂肪0」のココア風味をいただきました。「体にいい分、おいしくないのかも……」と勝手に警戒していましたが、さっぱりした飲み口で普通のココア飲料との違いは感じませんでした。

朝食に一品、運動後に一品

 たんぱく質は、1日60グラム以上を何回かに分けてとるようにするのが望ましいそうです。それでは、こうした食品はいつとるのが効果的なのでしょうか。野本さんに尋ねると、「まずチェックしてほしいのは朝食。パンとコーヒー、みそ汁とご飯などで簡単に済ませている人は、1品プラスしてみてはどうでしょう」と助言してくれました。

 おやつ感覚でプロテインを含んだバーなどを食べて補うのも手だとか。「運動後、30分以内のたんぱく質摂取が筋力アップに効果的」とも教えてくれました。最近始めたウォーキングの後に、高たんぱくヨーグルトなどを食べてみようと思います。

残り:144文字/全文:1394文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1094805 0 レッツトライ! 2020/03/09 05:00:00 2020/03/27 16:27:17 高たんぱく質のヨーグルトを試食する大広記者(左) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200305-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)