アンチエイジングな生活

  • 「瓜」で乗り切れ、この酷暑

    会員限定
     暑い夏が続いています。  榎本 其角(きかく) の川柳で「夕涼み よくぞ 男に生まれけり」 という句がありますね。  夕立の後、日差しが少し陰ったところでビールを飲む、あるいはスイカ(西瓜)にかぶりつくときの爽快さが伝…
    記事へ
  • 春到来、ダイエットとビタミンDに注目!

    会員限定
     花粉症真っ盛り、マスクをされている方をたくさん見かけます。  くしゃみや目のかゆみに加えてなんだか疲れたり、のども痛くなったりという方はいませんか? 花粉症の薬は眠気も誘います。  春なのに、毎日かえってしんどいという…
    記事へ
  • 頑張らないで成功する方法とは?

    会員限定
     新年もすでに3週間が過ぎてしまいました。  今年こそはジムに行こう、禁煙しよう、お酒を減らそう、ジョギングをしよう、あるいは日記をつけようといった、新年の決意もそろそろ鈍ってくる頃ですね。  まあ、決意は破るためにある…
    記事へ
  • 「老化」させない薬がついに登場!?

    会員限定
     新年になると一つ年を取る、というのは昔の「数え年」の習慣ですが、逆に、生まれた時に80歳の老人でだんだん若返っていく主人公が登場する「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」という映画がありましたね。年の終わりにあたり、今回…
    記事へ
  • 人恋しくなる「テストステロン」

    会員限定
     爽やかな11月もあとわずか。私の好きな映画に、2001年に公開された『Sweet November』があります。シャーリーズ・セロンが演じるミステリアスな女性が、キアヌ・リーブス演じるワーカホリックの男性の心を変えてい…
    記事へ
  • 男のコンディションを測る”新兵器”とは?

    会員限定
     「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、夜は過ごしやすくなったこの頃ですね。  涼しくなれば、食欲や運動の意欲も回復してきます。暑いのでついタクシーに乗ってしまい、夏痩せどころか夏太り、という変な夏バテも忘年会シーズンまでに…
    記事へ
  • 塩辛いおしっこは太る!

    会員限定
     暑い夏はどうしてもさっぱりする食事がいいですね。  暑い昼ともなると、そうめん、冷や麦、冷しうどん、冷し中華といった冷たい麺に心を奪われます。また暑い日に汗をかけば、水分補充に合わせて、汗で失われる食塩やミネラルを補う…
    記事へ
  • 慢性腎臓病への治療薬が開発された!

    会員限定
     動物が進化して、水の中から陸で生活するようになると、いつも水へのアクセスが良好とは限りません。このため飲んだ水をからだの中にとどめておくには、腎臓の働きが大事です。  腎臓は背中の真ん中あたりに二つある臓器で、尿を産生…
    記事へ
  • 痛風防止には尿酸値チェック

    会員限定
     春は、お花見や新人歓迎会で飲酒の機会が増えます。また気温も高くなってくる…と多くなるのが、実は痛風です。典型的なケースでは急に足の親指がまっ赤に腫れて、まさに風が吹くようなわずかな刺激でも飛び上がるほど痛いのが痛風です…
    記事へ
  • 春なのにため息がでてしまったら

    会員限定
     3月5日は 啓蟄(けいちつ) 。暖かくなり、地中の虫が地表に出てくるといういわれの日ですね。 日差しも増え、花も美しい春。冬の間、沈んでいた気持ちも、生き生きとしてきます。人生の新しいイベントの時期でもあり、テレビのC…
    記事へ
  • 頻尿改善は交感神経のコントロールで

    会員限定
     大寒の時期、急におしっこが近くなったという方も多いと思います。尿意は、 膀胱(ぼうこう) に尿がたまってくると感じる知覚ですが、加えて交感神経が緊張すると、尿意が強くなります。  学生時代、あと5分で試験が終わりという…
    記事へ
  • 男に効く!炭水化物の復権を

    会員限定
     新年おめでとうございます。今年もハツラツな男性に役立つ情報をお届けします。  さて、正月は糖質の取りすぎになりがちですが、そろそろ糖質制限、低炭水化物食を始めようという方も多いと思います。糖質制限は「ロカボ」とも言われ…
    記事へ
  • テストステロンで夫に家事をさせる!

    会員限定
     男性ホルモンと呼ばれる「テストステロン」は、筋肉や骨をしっかり作るなどの体への作用のほかに、やる気を出したり、リーダーシップを発揮するなど社会への関わりにも影響します。  そのテストステロンは「目的」があると分泌されま…
    記事へ
  • 映画「聖の青春」~がん体質は調べられる?

    会員限定
     この11月19日、幼い時から重い腎臓病というハンデを背負いながらも、名人を 一途(いちず) に目指し、しかし若くして 膀胱(ぼうこう) がんで命を落とされた村山聖九段の生涯を描いた映画「聖の青春」が封切られます。村山さ…
    記事へ
  • ニキビの人は長生き?

    会員限定
     「ニキビは青春のシンボル」とよく言いますが、若いころにニキビに悩まされた、という方は結構多いと思います。ニキビの原因は、皮膚の皮脂腺に細菌が感染して炎症が起こると考えられていますが、「昔、ニキビがあった人は、しわや、皮…
    記事へ
  • DNA情報に基づくがんの個別化治療が可能に!

    会員限定
     私が医学部を卒業した30年前ごろは、前立腺がんは日本人には大変少ないがんでしたが、今では男性がかかるがんで最も多くなってしまいました。よくがん家系というように、がんのなりやすさは遺伝も関係するといわれています。特に前立…
    記事へ
  • 頻尿予防には肛門体操を

    会員限定
     10月というのにまだまだ暑い日が続きます。昼間はまだ冷房がほしいかもしれません。一方、日照時間は短くなってきていますので、睡眠を誘導するメラトニンは徐々に減ってきます。気温の変動も相まって、体調の管理が難しい時期です。…
    記事へ
  • 母乳が寿命を長くする!

    会員限定
     京都の清水寺は、修学旅行をはじめ一度は訪れたかたが多いのではないでしょうか? お土産屋さんが連なる長い坂の終点にそびえる「清水の舞台」。眼下に開ける京都市街の景色は圧巻です。  実はその舞台の裏手に回ると、おいしい湧水…
    記事へ
  • 受験勉強はエクササイズ次第!

    会員限定
     9月になり、ようやく厳しい夏も峠を越しそうです。オリンピックに続いて、パラリンピックの応援にも忙しくなりそうですね。選手たちが全力を尽くす姿は、メダルにかかわらず感動を与えてくれます。  応援することは、男性ホルモンと…
    記事へ
  • 前立腺がん検診、受けるべき?<下>

    会員限定
     引き続き、前立腺がんについて解説します。  前立腺がんにはさまざまな治療法があります。多くの方はどの治療法を選択するかで悩みますが、実は重要なのは、ご自身の医療への考え方、さらに今の健康度の評価と、いつ治療が必要かとい…
    記事へ
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

アクセスランキング

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ