読売新聞オンライン

メニュー

乳がん診療の課題<5>「遺伝性」自費で予防切除

[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

予防切除を決める際に参考にした書籍を手にするB子さん
予防切除を決める際に参考にした書籍を手にするB子さん

 乳がん女性の5%程度は、BRCA1、2という遺伝子の変異を持つ「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」だ。80歳までに7割が乳がんに、2~4割が卵巣がんにかかるとの報告がある。

 横浜市のB子さん(42)もその一人。2017年2月、下の子の授乳中に左の乳がんがわかった。

 親友が薦めてくれた乳がんの本を読み、「もしかして遺伝性?」と思った。身内に乳がんや卵巣がん患者が複数いた。若い時期に発症し、ホルモン剤も分子標的薬も効かない「トリプルネガティブ」タイプが多い、との特徴も一致した。治療を受けた病院で検査し、HBOCと判明した。

 米国の指針によると、HBOC女性のがん対策として、乳がんは、25歳以降、年1回、磁気共鳴画像(MRI)などの検診を続けるか、乳房の予防切除を検討する。卵巣がんは、早期発見が難しいため、出産を終えた35~40歳で卵管・卵巣の予防切除を推奨する。

 B子さんは、抗がん剤治療を経て9月に乳がんの手術を受けた。主治医に予防切除の希望を伝えたが、「検診でみていけばよいのでは」との意見。悩んだ末、11月、HBOC診療に取り組む聖路加国際病院(東京都中央区)を受診した。

 ブレストセンター長の山内英子さんに、これまでの経緯や気持ちを伝えた。じっくり耳を傾けていた山内さんが答えた。「あなたの場合、いつまたがんになるかわからない不安を抱えて生きることは大きなストレスなのでは?」

 目の前が急に明るくなった気がした。幼い子を抱え、再び死に向き合う人生は送りたくない。上の子の学校行事が落ち着いた18年夏、同病院で右乳房と卵管・卵巣を予防切除した。

 予防切除で発症のリスクは9割以上減る。米国や英国ではすでに普及しているものの、国内では公的医療保険の対象外で、実施施設は限られる。B子さんの手術も自費になり、乳房の再建も含めて100万円近くかかった。

 日本乳がん学会は、HBOC女性の予防切除について、卵管・卵巣は妊娠・出産を望まない場合、乳房は、本人の希望があった場合などを条件に推奨する。

 同学会や患者団体などは厚生労働省に、がんを発症したHBOC女性の予防切除の保険適用を求めている。「費用が高く予防切除をためらう人や、受診先で『うちでは対応できない』と言われ、行動を起こせない人もいる」とB子さん。

 HBOC女性や、その疑いのある人に適切な情報が届き、本人が望む対応が受けられる。そんな体制整備が急務だ。(中島久美子)

 (次は「大腸がんはいま」)

無断転載・複製を禁じます
929902 1 医療ルネサンス 2019/12/03 05:00:00 2019/12/03 05:00:00 予防切除を決める際に参考にした書籍を手にするB子さん https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191202-OYT8I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)