高円宮絢子さま、日本郵船に勤務の男性と婚約へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「世界らん展日本大賞2018」内覧会に出席された高円宮妃久子さまと三女の絢子さま(2月16日、東京ドームで)=奥西義和撮影
「世界らん展日本大賞2018」内覧会に出席された高円宮妃久子さまと三女の絢子さま(2月16日、東京ドームで)=奥西義和撮影
勤務先から帰宅した高円宮家の三女、絢子さまが婚約される守谷慧さん(26日午後9時36分、東京都港区で)=伊藤紘二撮影
勤務先から帰宅した高円宮家の三女、絢子さまが婚約される守谷慧さん(26日午後9時36分、東京都港区で)=伊藤紘二撮影

 宮内庁は26日、高円宮家の三女、絢子あやこさま(27)が、大手海運会社「日本郵船」(東京)に勤務する東京都港区の守谷慧もりやけいさん(32)と婚約されると発表した。天皇、皇后両陛下に報告しており、10月29日に明治神宮(渋谷区)で結婚式を挙げられる予定。来月2日、同庁で婚約内定を正式発表した後、そろって記者会見に臨まれる。絢子さまは天皇陛下のいとこ、高円宮さま(2002年逝去)の三女で、大正天皇のひ孫の「女王」にあたる。

 絢子さまは1990年9月15日、高円宮さまと高円宮妃久子さま(64)の三女として誕生された。学習院女子高等科を経て、2013年3月、城西国際大を卒業。同年9月からカナダに留学し、二つの大学で児童や高齢者の福祉について学ばれた。

 帰国後の16年3月、城西国際大学大学院の修士課程を修了され、17年6月から同大福祉総合学部の研究員。日加協会と日本海洋少年団連盟の名誉総裁も務められている。

 守谷さんは09年3月、慶応大文学部を卒業。同年4月から日本郵船に勤務しながら、途上国の恵まれない子供の自立を支援するNPO法人「国境なき子どもたち」の理事として活動している。絢子さまとは昨年12月に出会い、交際を続けてきた。

 婚約することが公になった26日夜、会社から港区高輪の自宅マンションに帰った守谷さんは、集まった報道陣に「ありがとうございます」と、少し緊張した表情で一礼した。

 絢子さまは10年9月、20歳の誕生日に際し、結婚について問われ、「尊敬できる方と、笑いの絶えない温かい家庭を築いていかれたらと思います」と文書で回答されていた。

 高円宮家では次女、典子さん(29)が14年、出雲大社の神職、千家せんげ国麿くにまろさんと結婚。皇室では秋篠宮家の長女、眞子さま(26)が昨年9月、婚約内定を発表されている。皇室典範は、皇族女子は結婚後、皇籍を離脱すると規定している。

 ◆女王=天皇の子・孫にあたる女子が内親王で、ひ孫以降は女王となる。皇室典範の規定によるもので、天皇陛下の孫の愛子さま、眞子さま、佳子さまは内親王で、大正天皇のひ孫にあたる彬子さま、瑶子さま、承子さま、絢子さまは女王。

無断転載禁止
27478 0 国内 2018/06/26 23:31:00 2019/01/16 11:33:17 2019/01/16 11:33:17 「世界らん展日本大賞2018」内覧会に出席された高円宮妃久子さまと三女の絢子さま(2月16日、東京ドームで)=奥西義和撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180626-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ