文字サイズ

    共同通信とフジ、工場爆発で誤った映像使用

     共同通信は11日、今月6日に岡山県内で発生した工場爆発の際に配信した動画が、誤った映像だったと発表した。

     同社によると、動画は7秒間のもので、7日に地元の男性から記者が提供を受けて配信。動画投稿サイト「ユーチューブ」の同社公式ページでも公開された。

     しかし9日、「3年前に中国で起きた爆発の映像と似ている」との外部からの複数の指摘を受けて動画を削除。11日に男性に確認したところ、「他人からもらった」と説明を受け、同社は偽物と判断した。同社総務局は「再発防止に努めてまいります」とコメントした。

     また、フジテレビも11日、8日放送の情報番組「Mr.サンデー」で工場爆発のニュースを伝えた際、誤った映像を流したとして、番組ホームページで謝罪した。

     フジテレビ企業広報室によると、映像は男性から提供された。同企業広報室は「放送当時は確認が不十分だった」と説明している。

    2018年07月12日 09時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集