小池都知事、豊洲市場の「安全宣言」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 10月11日開場予定の東京・豊洲市場(江東区)について、小池百合子知事は31日、安全宣言を行った。前日の都の専門家会議による検証結果を踏まえ、都庁内の関係局長会議で表明した。会議に先立ち、市場業者側にも伝えたという。

 小池知事は会議で「豊洲市場は、産地、出荷者、市場関係者、消費者の皆さんなど、全ての関係者に安心して利用していただける安全、安心な市場として開場する条件を整えることができた」と発言。「ステップを踏まえたことで市場の安全性の向上が図られた」とも述べた。その上で、近く、農相に開場認可を申請することを確認した。

 同市場を巡っては、小池知事が2016年8月に「安全性に疑問が残る」として開場を延期。市場業者や地元住民は、風評払拭ふっしょくのため、知事自身の安全宣言を要望していた。

34554 0 国内 2018/07/31 23:07:00 2018/07/31 23:07:00 2018/07/31 23:07:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ