文字サイズ

    入院の81歳女性が死亡…4人から耐性菌検出

     静岡市立静岡病院(静岡市葵区)は10日、入院患者4人から、複数の抗菌薬が効かない細菌「多剤耐性アシネトバクター」(MDRA)が検出され、81歳の女性がMDRAによる肺炎で死亡したと発表した。

     発表によると、同病院に5月末に入院した78歳の男性患者から、最初にMDRAが検出された。男性はクルーズ船で海外旅行中に発熱したという。今月6日に死亡したが、死因は敗血症で、病院は「MDRAと死亡との因果関係は不明」としている。他に30歳代の男性と80歳代の女性からMDRAが検出され、いずれも入院している。死亡した81歳女性を含め、院内感染したとみられる。

     同病院は、「医療従事者の手や医療器具などを介し、感染した可能性がある」としている。

    2018年08月10日 23時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP