文字サイズ

    重り付き衣装ケースに遺体、大阪の20代女性か

    • 遺体が見つかった現場付近を調べる捜査員ら(11日午前11時10分、兵庫県加古川市で)
      遺体が見つかった現場付近を調べる捜査員ら(11日午前11時10分、兵庫県加古川市で)

     11日午前8時35分頃、兵庫県加古川市平荘町へいそうちょう中山の権現ごんげんダムで「人が浮いている」と釣りをしていた男性が110番。県警加古川署員が半透明の衣装ケースに若い女性の遺体が入っているのを見つけた。ケースにはロープ状のもので重りが付いており、県警は死体遺棄事件として同署に捜査本部を設置した。

     発表では、遺体は白色のTシャツに長ズボン姿。目立った外傷はなかった。衣装ケースはプラスチック製で、上蓋が外れ、足がはみ出た状態だった。捜査関係者によると、大阪府内の20歳代の女性とみられ、県警は12日に司法解剖して死亡推定時期や死因などを調べ、身元の確認を急ぐ。

     衣装ケースは岸から数メートルのあたりに浮いており、付近で上蓋も見つかった。ダムは県の管理で、職員が10日午前10時過ぎに巡回した際、不審物は確認できなかったという。

    (ここまで371文字 / 残り190文字)
    2018年08月12日 06時03分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP