邦人男性、10日に北朝鮮港湾都市・南浦で拘束

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北朝鮮で現地当局に拘束された日本人男性は、39歳の映像クリエイターで、10日に西部の港湾都市・南浦ナムポで拘束されたことが分かった。日本政府関係者が明らかにした。

 外務省は13日、邦人保護を担当する領事局を中心に対応を協議した。日本政府は男性の安否や拘束の理由などについて情報収集を急ぐとともに、北京の大使館ルートを通じて早期解放を求めている。

 安倍首相は北朝鮮への制裁を維持しつつ、日本人拉致問題の解決に向けて金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長との直接対話に意欲を示しており、今後の日朝関係に影響を与える可能性もある。

無断転載禁止
36669 0 国内 2018/08/14 00:21:00 2018/08/14 00:21:00 2018/08/14 00:21:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ