防護服姿に批判、少年像撤去へ…市長が減給意向

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

撤去されることになった「サン・チャイルド」(福島市で)
撤去されることになった「サン・チャイルド」(福島市で)

 福島市の教育文化施設「こむこむ」前に市が設置したモニュメント「サン・チャイルド」について、木幡浩市長は28日、臨時の記者会見を開き、速やかに撤去する考えを明らかにした。除幕式からわずか25日後の撤去判断。「心を痛めたり不快な思いをされた方々に、心からおわび申し上げる」と謝罪した。

 記者会見で木幡市長は、「賛否が分かれる作品を『復興の象徴』として設置し続けるのは困難と判断した」と撤去の理由を説明した。今後については「市には美術館がなく、見たくない人が見なくて済む場所を確保するのは難しい」と話した。準備が整い次第、解体・撤去して市の施設で保管し、その後の扱いを検討する。

 その上で木幡市長は、今回の問題の責任を取り、自らの給与を減額する意向を示した。

 モニュメントについては、3日の除幕式後から「福島市が、防護服が必要なほど汚染されていたと誤解される」「防護服姿を見るだけでもつらい」といった批判が相次ぎ、市が今後の取り扱いを検討していた。

 急きょ市は18~27日の間、同施設内でアンケート調査(自由記述)を実施。計110件の意見が寄せられ、設置に「賛成」が22件、「反対」75件、「その他」13件あった。また、市政への意見を電子メールで伝える「市長直通便」にも計18件が寄せられ、「賛成」3件、「反対」13件、「その他」2件だった。

 モニュメントは現代美術家ヤノベケンジさんの作品。黄色の防護服姿のような格好をした少年像(高さ6・2メートル)で、胸元の放射線測定装置が「000」と表示している。

 ヤノベケンジさんは28日、「苦しむ市民がおられるならば撤去し、展示を取りやめた方がよいとの結論に至りました。不快に思われた市民の皆様、応援してくださった市民の皆様に、改めておわびを申し上げます」とコメントした。

無断転載禁止
38369 0 国内 2018/08/29 08:03:00 2018/08/29 08:03:00 2018/08/29 08:03:00 防護服姿などに批判が寄せられているモニュメント「サン・チャイルド」(福島市早稲町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180828-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ