文字サイズ

    1歳児が塩中毒死、元保育所経営者に有罪判決

     盛岡市の認可外保育所で2015年8月、同市の下坂彩心あこちゃん(当時1歳)が食塩を混ぜた飲み物を与えられて中毒死した事件で、業務上過失致死罪に問われた同市の元保育所経営者、吉田直子被告(35)に対し、盛岡地裁(中島経太裁判官)は14日、禁錮1年、執行猶予3年(求刑・罰金50万円)の判決を言い渡した。

     判決によると、吉田被告は15年8月17日から18日の間に、預かり保育中の彩心ちゃんに、健康を害する量の食塩を加えた乳幼児用イオン飲料を飲ませ、塩化ナトリウム中毒で死亡させた。

     中島裁判官は「生後12か月の被害者に相当量の食塩を摂取させたのは、非常識極まりない行為」と指摘。過失は重いとし、「罰金刑を選択すべき事案ではない。医師等の専門家に相談せず、軽率な行為で、酌むべき事情は見いだせない」と量刑理由を述べた。

    2018年09月14日 19時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP