文字サイズ

    市議が「繰り返しセクハラ」処分求め申入書提出

     埼玉県川越市の新井喜一市議(68)からセクハラを受けたとして、30歳代の市の女性職員が14日、市議会に厳重処分などを求める申入書を提出した。新井市議はセクハラを否定している。

     さいたま市内で記者会見した女性や代理人弁護士によると、女性は4月に市議会事務局に異動。市議らの懇親会に呼ばれ、参加者から新井市議の隣に座るよう言われて応じると、太ももをなでられるなどし、ショックで翌日から2日間仕事を休んだ。

     5月には新井市議の自宅での宴席に呼ばれ、力関係から拒めず、参加した男性市議の前で、「沖縄(の視察旅行)に一緒に行こう」などと言われた。8月に結婚した後は、「男に抱かれるっていいだろう」などと繰り返し言われたという。

     新井市議は「卑わいな言葉を投げかけた事実はなく、視察旅行への同行や酒席への参加を強要した事実はない」などとするコメントを出した。

    2018年09月14日 20時19分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP