文字サイズ

    規制解除で登山道「渋滞」、数百人が登頂できず

    • 山麓駅の入り口に向かって1000人以上の列ができた長野県木曽町の「御岳ロープウェイ」(8日、アスモグループ提供)
      山麓駅の入り口に向かって1000人以上の列ができた長野県木曽町の「御岳ロープウェイ」(8日、アスモグループ提供)

     2014年9月の噴火後、初めて山頂部への立ち入り規制が解除された御嶽山の黒沢口登山道(長野県木曽町)は8日、解除期間を終え、午後から再び火口約1キロ圏で規制が敷かれた。9月26日からの13日間で登山口にあるロープウェーの利用者は計約6100人と前年同期比22%増えた。一方、登山道が混雑するなど今後に向けて課題も残った。

     「登頂できるとなると、こうも違うかと驚いた」。御岳ロープウェイを運営するアスモグループの今孝志社長(64)は、規制が解除された13日間を振り返った。

     同社によると、8日は午前7時半の始発前に約1200人が乗車券を購入し、山麓駅前には長蛇の列ができた。最終的な利用者は噴火後最多となる約1900人。乗車するまで約2時間もかかった人もいた。

     期間が限定され、天候にも恵まれたことが要因とみられるが、今社長は「利用者は伸び悩んでいただけに一筋の光が見えた気がする」と話した。

     一方、課題も浮上した。8日はロープウェーでの混雑が登山道でさらに激しくなり、9合目から山頂にかけての解除エリアでは「渋滞」が起きた。木曽町は急きょ、再規制が始まる正午より1時間早い午前11時に、9合目から上部への入山を禁止した。しかし、9合目付近まで登りながら登頂できなかった人が数百人規模で発生。町には「事前告知がなかった」などの苦情電話が相次いだという。

     町危機管理室の古野昌敏室長は、取材に「想定を超える多くの登山者が訪れたため、安全確保や下山するロープウェーの最終時刻に間に合わない事態を考え、やむを得ない措置だった」と説明した。

     町は、来季も規制解除について前向きな姿勢を示している。古野室長は「今後は最終入山時刻の設定や登山者数を早めに把握する仕組みの検討が必要になりそうだ」と話している。

    2018年10月11日 17時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP