文字サイズ

    常磐線新駅名は「Jヴィレッジ」…英字入り初

     東京電力福島第一原発事故後に廃炉作業の拠点となり、今年7月に再開したサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)の最寄りに設置されるJR常磐線の新駅について、JR東日本は11日、駅名を「Jヴィレッジ」にすると発表した。地元の要望などを踏まえて決定したといい、2019年4月の開業を予定している。

     JR東管内でアルファベットが入る駅名は初めて。新駅はJヴィレッジまで徒歩2分で、当面はイベント開催時にだけ停車する臨時駅として運用する。工事は今年5月に始まり、6割程度が終了している。

    2018年10月11日 20時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP