文字サイズ

    元国会議員秘書、1億円強奪後にフェラーリ購入

     2010年に京都市左京区の不動産会社社長宅から1億円が奪われた事件で、強盗致傷容疑で逮捕された元国会議員秘書の上倉崇敬たかゆき容疑者(44)が、事件の6年後には消費者金融会社などに借金を抱えていたことがわかった。上倉容疑者は事件後、高級外車を購入するなどしていたといい、京都府警は短期間に散財したとみて大金の使い道を調べる。

     捜査関係者によると、上倉容疑者は事件後に高級外車「フェラーリ」を購入していたほか、京都・祇園で芸舞妓まいこらを呼んで豪遊する生活を続けていたという。

     一方、上倉容疑者は16年5月に島根県出雲市の男性宅に押し入ったとして翌6月に強盗致傷容疑で逮捕された。昨年6月の広島高裁松江支部の判決は、強盗の動機について「複数の消費者金融会社から借り入れがあったほか、カード会社にも負債があった」と指摘。懲役5年の実刑判決(確定)を言い渡した。

    (ここまで383文字 / 残り96文字)
    2018年11月09日 23時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP