秋篠宮さま53歳「大嘗祭への公費支出に疑問」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

秋篠宮さま53歳誕生日・記者会見全文はこちら
質問に答えられる秋篠宮さま(22日、東京・元赤坂の秋篠宮邸で)=代表撮影
質問に答えられる秋篠宮さま(22日、東京・元赤坂の秋篠宮邸で)=代表撮影

 秋篠宮さまは30日、53歳の誕生日を迎えられた。これに先立つ記者会見で、来年、代替わりを迎える心境を語った上で、皇位継承に伴う儀式「大嘗祭だいじょうさい」の費用について、天皇家の私的な活動費に当たる内廷会計で行うべきだとの考えを明かされた。大嘗祭に公費を支出するという政府の決定に対し、皇族が疑問を公にする異例の発言といえる。

 秋篠宮さまは、大嘗祭の費用に皇室の公的活動を賄う「宮廷費」を充てるという政府の決定を「宗教行事と憲法との関係はどうなのか」と疑問視。「内廷会計で行うべきだ」と述べられた。大嘗祭は絶対にすべきだが「身の丈に合った儀式で行うのが本来の姿」という。

 山本信一郎・宮内庁長官らに伝えたが、「聞く耳を持たなかった」「非常に残念なこと」と苦言も呈された。新天皇として大嘗祭に臨む皇太子さまは、公費支出を了解されている。

 来年の代替わり後の公務については「一つ一つをその都度考えながら進めていきたい」と前例にとらわれない姿勢を示された。平成時代を振り返り、経済が低迷し、自然災害が多かったが、環境への関心が高まり、日本人が様々な分野で活躍した時代と総括された。

     ◇

 長女、眞子まこさま(27)と小室圭さん(27)の結婚延期を巡る問いに対しては「今でも二人が結婚したい気持ちがあるのであれば、相応の対応をするべきだ」との考えを初めて明かされた。

 昨年末から小室さん側の金銭問題が週刊誌で報じられ、お二人は今年2月、「準備不足」を理由に儀式の延期を発表された。秋篠宮さまはこうした報道を念頭に置き、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、婚約に当たる納采のうさいの儀は行えない」と小室さん側に対応を求められた。

無断転載禁止
51680 0 国内 2018/11/30 10:28:00 2018/11/30 10:28:00 2018/11/30 10:28:00 53歳の誕生日を前に開かれた記者会見で、長女眞子さまの結婚について記者の質問に答える秋篠宮さま(22日午前10時19分、東京・元赤坂の秋篠宮邸)=代表撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181129-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ