文字サイズ

    身寄りなく死去した人の668万円、市が紛失

    • 遺留金の紛失について説明する(右から)西倉副市長、下畑守生・市福祉部長ら(3日、高山市役所で)
      遺留金の紛失について説明する(右から)西倉副市長、下畑守生・市福祉部長ら(3日、高山市役所で)

     岐阜県高山市は3日、市内で身寄りがなく亡くなった人が残し、市福祉課が保管していた「遺留金」668万2000円を紛失したと発表した。市は高山署に捜査を依頼した。

     発表によると、遺留金は同課の担当職員が11月19日に同署から他の遺留品と一緒に受け取り、同課内で保管していたが、同月30日に、別の職員が同署の資料と突き合わせたところ、保管していた金額と一致しなかったことから、紛失が発覚したという。

     遺留金は金庫に保管し、書類を作成するなどの手続きが定められているが、担当職員はこれを怠っていたという。

     担当職員は市の聞き取りに明確な回答をしていないといい、西倉良介副市長は3日記者会見し、「誠に申し訳ありません。問題点を整理し、再発防止に取り組みます」と謝罪した。

    2018年12月04日 20時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP